プラントの施工管理とは?仕事内容やメリットデメリットについて解説


プラントの施工管理の仕事内容について

施工管理を担うプラントは産業系プラントと化学系プラント、環境系プラントの3つの種類に分かれています。具体的には食品工場や化学工場、浄水場などが挙げられます。一般的な施工管理の業務は工程管理や品質管理、原価管理や安全管理です。しかし、大規模な現場で危険物や特殊な機械、衛生管理が必要になるものを取り扱うプラントの施工管理には、より高い能力が求められます。さらに、一般的な施工管理の業務に加えて担う仕事として挙げられるのは、プラントの設計や保守などです。プラントの種類によって製造やメンテナンスの方法はもちろん、導入する機械や設備も異なります。

プラントの施工管理のメリットとデメリット

プラントの施工管理のメリットは大きく分けて2つあります。1つ目は、安定した収入を得られることです。一般的にプラントの施工管理は、他の施工管理職よりも給与が高く設定されています。さらに、プラントの施工管理の経験を持つ人材には一定の需要があるため、仕事がなくなってしまうリスクもありません。2つ目は、仕事のやりがいです。大規模なプロジェクトに携わって社会的に重要な役割を任させることから、大きなやりがいや充実感が得られます。

デメリットとして挙げられるのは、プレッシャーの大きさです。プラントの施工管理では少しのミスが大きなトラブルとなり、結果損失につながってしまう可能性があります。また、さまざまな職種の方と共に仕事を進めていくため、高いコミュニケーション能力が欠かせません。

プラントの施工管理業務は、プラントの設計や製造に関わる管理業務や予算管理を担当します。また、保守やメンテナンス管理も行います。

コメント
施工管理とは